介護保険サービス
 介護保険サービスとは?
自宅などで利用できる「在宅サービス」と施設に入所して利用する「施設サービス」、地域の方に利用が限定された「地域密着型サービス」があります。利用する方の心身の状況などにあったサービスを選ぶことができます。
 介護保険サービスを利用できる方
●65歳以上の方で、要支援・要介護状態の方
●40歳以上65歳未満の医療保険加入者の方で、介護保険の対象となる病気(特定疾病16疾患)が原因で、要支援・要介護状態となった方

 利用するには

市町村の窓口に「要介護認定の申請」をして、診査を受ける必要があります。

 サービス内容

●在宅サービス
<訪問を受けて利用する>
  ○訪問看護 
 ○訪問介護(ホームヘルパー) 
  ○訪問入浴介護 
  ○訪問リハビリテーション 
  ○居宅療養管理指導
   (医師、歯科医師、薬剤師、管理栄養士、歯科衛生士等が訪問し、療養上の管理や
    指導を行います)
<通所して利用する>
  ○通所介護(デイサービス) 
  ○通所リハビリテーション(デイケア) 
  ○認知症対応型通所介護(デイサービス)【地域密着】 
  ○小規模多機能型居宅介護【地域密着】
<短期間入所する>
  ○短期入所生活・療養介護(ショートステイ)
  ○小規模多機能型居宅介護【地域密着型】
<居宅での暮らしを支える>
  ○福祉用具貸与(レンタル) 
  ○特定福祉用具販売(購入費の支給)
  ○住宅改修費支給
●施設サービス
<施設に入所する>
  ○介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム) 
  ○介護老人保健施設  
  ○介護療養型医療施設 
  ○認知症対応型共同生活介護(グループホーム)【地域密着】