日医生涯教育制度申請方法
生涯教育講座開催指定申請方法について(関係団体・製薬企業の方へ)
<生涯教育講座指定の流れ>
申請手続きについて

粕屋医師会講演会共催申請書(添付@)
申請書 記入上の注意点(添付A)
ただし、新規講演会の場合は学術担当理事へ概要を説明し、許可が出た場合のみダウンロードすること。
案内状見本(添付B)
他医師会も共催の場合はこの案内状に則って作成していただく必要はございません。
カリキュラムコード(CC)の選択は学術担当理事がおこないます。(内科医会学術講演会のみ内科医会会長が選択)
日本医師会生涯教育カリキュラムコード表(添付C
@ 新規講演会の場合は、学術担当理事に開催のご相談をお願いします。※継続講演会の場合必要なし。
A 新規・継続のいずれの場合も医師会行事予定と重複していないか確認する為、事務局へ開催候補日をメールにてご連絡下さい。その際、「講演会名(仮可)」「会場名(予定可)」「会社名・担当者名」も併せて記載いただきますようお願いします。本会よりメールにてお返事いたします
B 新規は@・A、継続はAまで進めていただきましたら「粕屋医師会講演会共催申請書」をご記入いただき、案内状(案)と併せて学術担当理事へご持参いただき講演会の趣旨等ご説明いただきますようお願いいたします。カリキュラムコードについてはこの段階で担当理事が選択いたします。

※粕屋医師会内科医会学術講演会と銘打っているものについては例外として内科医会会長がコードを選択します。その場合は内科医会会長よりコード選択済の申請書・案内状(案)を学術担当理事へ持参し、趣旨説明をお願いいたします。
C 学術担当理事へ確認後、本会事務局へメールにて申請書と案内状(案)を開催3ヶ月前までにご提出下さい。
D 直近の理事会にて担当理事より協議または報告させていただき、その結果を理事会の翌日にメールにてご報告させていただきます。
E 講演会周知のため、会員医療機関へFAXでの通知・本会ホームページ掲載をおこないますので、案内状(案)の場合は、確定版を後日提出下さい。※FAX周知は原則一度のみとなります。
また、会員医療機関名簿のお渡しや、講演会の出欠確認は本会では一切おこないませんのでご了承下さい。
F 当日お使いいただく芳名録等が出来上がりましたら本会事務局よりメールにてご連絡いたしますので、取りにお越しいただきますようお願いいたします。
G 講演会終了後は速やかに芳名録をFAXもしくはメール(PDF)にてご提出ください。
上記の条件を守ることができない場合は申請をご遠慮ください。
また、講演会終了後、期限内に出席名簿のご提出がない、もしくは本会の事業方針にそぐわない等の行為が発覚した際には次回以降の申請を所属先単位でご遠慮していただくことがございますのでご承知おきください。
承認後の流れについて
<講演会当日>
出席者の確認
粕屋医師会専用の芳名録を使用し、出席者の確認をお願いします。その後本会へFAXまたはメール(PDF)にてご提出下さい。
医師会会員・福岡県外会員・非会員の単位申請について
平成29年度より「全国医師会研修管理システム」の運用が開始された為、本会共催講演会に出席された福岡県内の医師会員は、所属関係なく本会より単位申請が可能です。

ただし、福岡県外の医師会員、非会員の方については粕屋医師会から単位申請はできませんので、ご自身で福岡県医師会総務課へ申請していただく必要がございます。

単位取得をご希望される県外会員・非会員の先生方へは講演会受付時に申請用紙をお渡しされますようお願いいたします。
申請書・案内状提出期限
開催日の3ヶ月前
(厳守。期限を過ぎたものは受け付けられませんのでご了承下さい。)
申請書・案内状提出方法
原則メール
※郵送・持参でもかまいませんが、案内状については必ずデータでも
 ご提出下さい。
営業時間9:00〜17:00
講演会に関する
問い合わせ先
粕屋医師会 講演会専用メールアドレス
kouza@kasuya.fukuoka.med.or.jp

※講演会に関するご連絡・お問い合わせについては必ずメールにてお願いいたします。
お電話でのお問い合わせはご遠慮下さいますようお願いします。


・初めてのメールの際は下記項目を記載しご連絡下さい。
@ 講演会名
A 日程候補日・時間(医師会行事と重複していないか確認するため、
  開催日が確定する前にご連絡いただきますようお願いします。)
B 会場
C 会社名・担当者名